互いにメリットがある

フランチャイズという言葉はすっかり定着しましたが、具体的にどういった制度かお分かりですか?ここではまずフランチャイズとはどういうものかについてお話しましょう。

冒頭でも少し触れたかもしれませんが、フランチャイズ店舗には大元と実際の店舗に分かれますよねこの大元の会社の事を本部と呼びます。

本部が上にあってそこから加盟店である店舗に枝分かれしていくというシステムになっています。加盟店どうしは実質のところ互いに別の会社といっても良いのではないでしょうか。というのもオーナーが違ってきますからね。

加盟店は加入する際にまとまった加盟金を払い、月々も本部が支払った金額を払う必要があります。逆に本部は加盟店に店を起業してさらに経営していくノウハウを全て伝授しなければならないという義務があります。こうしてお互いにきちんと利害関係があるから成り立つものなのです。フランチャイズの幅はどんどん広がっていってますよね。こういうメリットから支持されているのではないでしょうか。

フランチャイズといえばコンビニがすぐに浮かびますが、今や色々な業種が展開しているのですよ。今後ますます幅が広がるのではないでしょうか。

コンビニ経営だけじゃない!フランチャイズあれこれ